えあーこん

 

ぼーっとしている時に、たまたま観た

“プリキュア”のバトルシーンで

熱くなった

25歳、夏。

どうもエツロウアンダーソンです。

 

近頃、突撃してくる虫達が大量発生しています。

彼等にもソーシャルディスタンスを保っていただきたい。

 

 

8月に入り、夏を感じる空模様ですね。

 

この季節になる度に

エアコンという偉大なる発明品に

感謝の気持ちでいっぱいになります。

 

おそらく最初は、

「部屋冷やせれたら夏楽じゃね?」

的なバカの発想だったのかも知れませんが

それを試行錯誤し、

ここまでの物を作り上げた方々に敬意しかありません。

 

今は、本体と室外機でかさばる感じですが

何年後かには

本体だけでよくなったり

換気扇に取り付けられたりするのでしょうか。

ましてや

”持ち歩きエアコン“なるものの

発明もあるかも知れませんね。

夢は広がります。

 

技術が進めば網戸にエアコンの機能をつける

事も可能になるのでしょうか。

そうすれば、換気と冷風を同時に

行うことが出来る上に

かさばらないので最高でしょうね。

 

マンションの高層化が進んでいる

都会では

網戸という文化が今も尚

存在しているかは不明ですが

是非開発していただきたい。

 

そして開発した暁には

是非マージンを回して頂きたい。

開発提案料です。

 

 

知らないだけで様々な便利アイテムが

開発されていますよね。

前述したエアコンの新商品案も

最早実在するのかも知れません。

 

しかしエアコンが何故

冷たい風や暑い風を出せるのか

不思議ですよね。

 

幼少期に考えたのは

基本は扇風機の仕組みで

風の通過地点に氷と火があり

それを通ることで

冷風温風になっていると

信じていましたが、

永久に解けない氷と

燃え続ける燃料が必要なことに

高校生になって気づきました。

 

その後とくに調べる事もせず

過ごして来たので

エアコンの仕組みは闇の中です。

多分聞いてもてもわからないので

このまま闇に葬りましょう。

「エアコン超便利。」

これでいいのです。

 

 

 

さて、私のエアコンに対する

あつい思慕の念はこのくらいにしておきましょう。

 

マーベラス。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です