我が振り直せ

 

どうもエツロウアンダーソンです。

 

梅雨真っ只中ではありますが、

私の住んでいる地域は

丁度、梅雨の晴れ間に差し掛かり

晴れの日が続いております。

 

日光が浴びれるチャンスですね。浴びておきましょう。

 

 

そんな中、散歩に出た時のお話をさせて頂きます。

 

とある晴れた日に

趣味とは言えない程度の頻度で行なっている

散歩をしようと思い立ちました。

 

低頻度で行っている散歩ですが

一回に歩く距離は結構な物で

何か考え事をしているできる男、を演じつつ

ボーッと長距離歩いていました。

 

その道中、とある仏壇店を見つけ

それと同時にその店のものであろう

“のぼり”が目に止まりました。

 

仏壇店でのぼりと言うのも珍しいのかな…などと考えつつ歩いていると

「仏具・仏壇」と書かれてあるのぼりの横に

 

「ちょうちんトーロー」と書かれたのぼりを見つけました。

 

そのような表現方法を駆使された事のない

生涯ですから、

それが「提灯、灯籠」であると言う事に

気付くまで、暫くの時間を費やしました。

 

そして、気付くと同時に

危機感を感じました。

「この表記ではダメだ。」と。

 

「ちょうちんトーロー」という

いかにも糖分高めの語感。

タピオカミルクティーの次なる流行か、と

狂喜乱舞する女学生。

店に溢れた女学生が

「ちょうちんトーローはどこだ?!本物を出せ!」

と現物に怒りを露わにし、暴徒と化することは

火を見るより明らかでしょう。

 

危険です。

 

そんな女学生が店の看板で気づけたとしても

ダメです。

第二の刺客が迫っています。

 

「あぶりトントロ」と読み間違いをした

はらぺこわんぱくボーイ達です。

こちらの暴徒は、お腹いっぱいトントロを食べさせるまで

鎮圧は難しいでしょう。

 

とても危険です。

 

警鐘を鳴らしましょう。

 

しかし、

そんなのぼりをみて

フフッと笑っていた私が一番

危険分子かもしれません。

 

 

 

マーベラス

 

 

 

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です