ありのまま

 

どうも、エツロウアンダーソンです。

ここ最近、週2回ペースで投稿していたのですが

 

週1回ペースに変える事を宣言致します。

 

優しい目で見守って下さい。

 

 

 

さて、皆さんは自転車乗ってますか。

 

“じでんしゃ”と発音する方が稀にいますが

あれは方言や訛りの一種なのでしょうか。

 

 

そんな事はさておき、

最近の自粛生活による運動不足で

始められた方もいるのではないでしょうか。

 

 

私は乗っています。

細くて軽い、ガチなやつではなく

世に言うママチャリに。

 

私の移動手段は、徒歩かママチャリなので

気持ちは高校生です。

 

そんな自転車ですが、気をつけて乗らないと

意外と危険が多いですよね。

 

私が高校生の時、雪が降る中、自転車を漕いでいると

案の定タイヤが滑り、転倒しそうになりました。

しかし、倒れるわけにはいけません。

 

なぜなら、高校生という多感な時期に

転倒なんてすると

周りの友人からは蔑まれ、

もともと下層にいるスクールカーストの低下に

影響しかねない、と思ったからです。

 

なにより転けそうな様を

目の前の女子高生に見られるのが嫌でした。

 

そこで私は

幼少期より無駄にある体幹を駆使し

傾き、しばらく滑った上に言うことを聞かなくなった

自転車をなんとか持ち直し、何事もなかったかのように

漕ぎ去りました。

 

内心、よし!成功!とは思ったものの

スタントマンよろしく行ったそれは

側から見れば滑稽だったのでしょう、

頑張っていたから、笑ってはいけないけど

どうしても可笑しい。となんとも言えない様な顔をした女子高生と目が合いました。

 

 

少しも寒くありませんでした。

 

 

 

時期は戻ってつい先日、買い出しの為自転車を走らせていると

昼間なのにライトが付いていることに

気がつきました。

 

安いママチャリユーザーならわかると思うのですが、

ライトを操作する手元のレバーが壊れ、

車輪の横のレバーを、直接押さないと着けも消せもしない状況になっておりました。

 

ライトを消そうと思い、一度降りて消せばいいものを

持ち前の怠け癖から、足でやろうと試みてしまいました。

 

車輪横のレバーに足を持っていくと、

足は狙いを外れ、車輪に入り込み

異物を巻き込んだ前輪はピタッと止まり、

勢い余った後輪は宙に浮きました。

 

その後私は、ヘッドスライディングの形で

アスファルトの上を滑りました。

 

奇跡的に、怪我はちょっとした擦り傷で済んだものの

 

眼鏡は折れて吹き飛び、

来ていた上着は高校球児のように汚れ

靴はなぜか両足とも脱げていました。

 

吹き飛んだ眼鏡を

たまたま通りかかった女子高生が拾って渡してくれました。

そんなイリュージョンめいたことを

成人男性がしていたからでしょう

あの日と同じ、なんとも言えない表情を

その女子高生は浮かべていました。

 

 

通りかかった気のいいおじさんから

「大丈夫か!?」と声をかけられました。

その言葉の前に隠れた言葉は

“人として“なのでしょう。

 

 

私は、一頻りお礼を告げた後、ライトなど気にも留めず、走り去りました。

 

 

 

 

少しも寒くありませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マーベラス

 

 

 

 

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です